« 2012年9月 | トップページ | 2012年11月 »

2012年10月

2012年10月22日 (月)

『大人と子どものための読みきかせの会』

読みきかせの会が終わって、

中井さんが
「昨日、小学校でこの会をしたのですが、めぐみ幼稚園の方が
100倍上手に聞いていた」
と褒めてくださいました。

小学校では、半分位の子ども(特に高学年)が全く聞いていなくて、
全体にざわついていたそうです。
その中に椅子に座っていられずフラフラしたり、
跳び箱の上に座っていたりしていた子が何人かいたそうです。

担任の先生がそばについていたということでしたが、
それならどうして皆と同じ席に先生がそばにいて座るということが
できなかったのかなと思いました。

めぐみの子どもたちは、
一言も聞きもらさないぞ!見逃してなるものかと、
本当に集中して目をキラキラさせて見ていました。

「次はどうなるのだろう」
とワクワク感も伝わってきました。

「本物に触れる体験を」
という保育のねらいを持っていますので、
生の舞台や劇団の公演・コンサートなどを開催していますが、

いつも
「聴き方・見方がとても上手でやりやすい」
とお褒めの言葉をいただきます。

日々保育の中で、
先生やお家の方から絵本を読んでもらう機会が多く、
絵本の世界の楽しさが皆よくわかっているのでしょう。

そして、

「やる時はしっかりやる」

「遊ぶ時は思いきり遊ぶ」

のけじめをつけることと、
自分が主役になって静かに聞いてほしい、
見てほしいと思う場面を多く持ち、
子どもたち一人一人が体験しているので、
人の話を聞こうとする態度が身についているのだと思います。

そして、

「お母様方の聞き方も素晴らしい!!私語が全くなかった」

とおっしゃっていました。

最後に、中井さんやスタッフの方々(子育ての先輩)から口々に、

昨日の小学生を見て、
「今、この幼児期にいっぱいいっぱい抱っこをしてあげてください!!それがとても大事ですよ」

「抱っこをたくさんしてあげると、その後がとっても楽ですよ」

「私は失敗してしまったので…(笑)」

「私も…成功したのは犬ぐらい」

「私は犬も失敗…」

と笑いながら話して帰られました。

これからも、今からでも、皆でいっぱい愛情をかけて抱っこをしてあげましょう!
重たかったら、座ってでも、“ぎゅ~っ”でもいいので…。

幼稚園でも、先生たちと触れ合って、

抱っこしたり、おんぶしたりを今まで以上にしていきたいと思います。

琴・尺八・ピアノの音色と、
中井さんの温かい語り、そして工夫のこらした大型絵本に、
とても癒されたひとときでした。

そして何より、子どもたち、お母様方を褒めてくださったことが誇らしく嬉しかったです。

絵本の会の有志の皆様、準備・片づけ等、ご協力いただきまして、ありがとうございました。

手紙に開演時間のミスがあり、朝からご迷惑をおかけし申し訳ございませんでした。

道下
Img_6238


****************************************

今年も、とても楽しみにしていた
『大人と子どものための読み聞かせの会』
を聞きに行きました。
『ぼくだけしってる』
作: もりやま みやこ
絵: つちだ よしはる
出版社:
あかね書房

51z2b1f9skl_sl500_aa300_

中井貴恵さんの朗読と
ピアノ、尺八、お琴の生演奏とともに
大きな仕掛け絵本での読み聞かせです。

昨年はピアノだけでしたが
今年はお琴と尺八も加わっていました。

普通のお琴は13弦。
しかし今回は
低い音がかっこ良く出るための 17弦のお琴と

世界に一つしかないという
特別注文の18元のお琴。
こちらは高い音が奇麗に出せるように。

この音へのこだわりは素晴らしいものでした。

そして尺八は
一尺八寸、約54cmという長さから名前が付けられたというお話と、

忍者が出てきそうな和風の渋い曲を
吹いてくださったり

穴が5つなので、みんながよく知っている
ドレミファソラシドとは違うんだよ。
でも穴を半分塞いだりすると
ドレミファソラシドも出るんだよ。


などといった説明を
子どもたちにもわかりやすくしてくださいました。

洋楽器には触れた事のある子どもたちも
日本の伝統の楽器はあまりなじみがなく
本物のステキな音色を聞ける
とても良い機会だなぁと思いました。

読み聞かせは
その素晴らしい楽器としかけ絵本と

貴恵さんのお一人の声とは思えない
さすがの朗読で、

すっかり絵本の世界に引き込まれてしまい
忙しい日常から離れ
ステキなひとときを過ごす事が出来ました。

また来年も楽しみにしています。



保護者


『スポーツ・食欲の秋』

やっと爽やかな風を感じられる秋になりました。
スポーツ・食欲・芸術の秋を園生活の中でも
堪能していきたいと思います。

運動会では、たくさんの拍手と温かい眼差しを子どもたちに
いただき、ありがとうございました。


当日はいろいろありましたが、子どもたち一人一人のそれぞれの
成長を感じることができました。


また、今後の課題も見え、教職員一同、子どもたちの更なる成長の
ために研鑽を積んでいきたいと思います。


<スポーツの秋>

運動会が終わっても、運動会ごっこが続いています。


はじめに年少組の子どもたちが先生になって、
年長組も大好きな年少組のダンス
“ぴよぴよひよこ”を踊りました。

その次に、年中少組にとっては憧れの眼差しで見ていた
パラバルーン。

“えっ!!パラバルーンできるの?やった~!!”と
大喜び。


バルーンを3つ出して、それぞれに年長さんが
入って、教えてもらいながら、いろいろな技をやりました。
(もちろん音楽に合わせて全部はできません。)

Dscf1857

「たのしかった~!」「またやりた~い」との声。


その後、つなひきをしました。

お父さんたちの様子を見ていたので、何の説明をしなくてもできました。

クラス対抗や他学年混合戦等を楽しんだ後に、
先生チーム対学年毎の試合をしました。
先生チームはもちろん全員本気で望みます。
(大人気ない?でも手を抜いたら子どもたちに失礼なので…。)


Dscf1867
Dscf1870

年少組と年中組には楽勝!でしたが、
さすが年長組の力は強く、ズルズルと引っ張られてしまい完敗!

Dscf1872

勝った年長の子どもたちの喜びようといったら、ものすごいものでした。

17日(水)にも、全員で玉入れやしっぽとり、パラバルーンをしました。

玉入れでは、先生チーム対年中組で戦い、
先生チームのカゴは最高点までのばしてやりましたが、
やはり先生チームの勝ち!

年中組はしょんぼりくやしそうでした。

この気持ちが
「よし今度頑張ろう」
「どうやったらいっぱい入るのだろう」等、

強い心、頑張る気持ち、考えて工夫する子につながっていってくれたらと思います。

これからも、まだまだ運動会ごっこは続きます。



〈食欲の秋〉

年長組がお芋掘りに行きました。

Dscf1886



今年のお芋はどれもしっかりしたもので、見るからにおいしそうでした。

Dscf1900

翌日、午前保育ということもあり、お芋をふかして食べることにしました。

Dscf1899

朝、年長組が大きなお芋を40本洗ってくれました。

運動会ごっこを楽しみ、
地震の避難訓練をし、
津波予報が出たという設定で稲毛高校の門まで逃げる
練習をしました。

いつもながら、全員真剣で、素早い動きを見て安心しました。

帰って来てから、ふかしたてのお芋を皆で食べました。
ホクホクして栗のようで甘くておいしかったです。

Dscf1902


「おかわりある?」とそっと聞きに来た子に
「少しならある」と答えると大喜び。

帰りの仕度はいつもより早くできたようです。
小さな一口のおかわりのお芋を食べて、満足そうな顔をして帰っていきました。


2012年10月10日 (水)

『第32回 運動会』

10月6日(土)に

めぐみ幼稚園の運動会がありました。

お天気は晴れたり曇ったりの中でしたが
子どもたちも
先生方も
ご家族も
元気一杯、楽しい運動会でした。

Img_5994

Img_0625

ひよこさんは初めての運動会、
お兄さんお姉さんと一緒に踊ったり
かけっこしたりジャンプしたり
リズム体操『ぴよぴよひよこ』では
可愛いダンスを披露してくれました。

最後まで応援も頑張ってくれましたね。

Img_5977
S1

年中さんは
玉入れ、かけっこ、
とても力強く、
リズム体操『ハローサンキュー』
も、楽しくしっかり踊っていました。

去年よりしっかり大きくなったのを感じました

来年は年長さん。
沢山やりたい事が待っています。
楽しみですね!

Img_6012
S3

年長さんは
係のお仕事も立派にこなし
とてもかっこいいお兄さんお姉さんでした。

『めざせ金メダリスト』『パラバルーン』では
色々できるようになった事を
見せてくれました。

親子で踊る最後の親子ダンスは、
『ステキな日曜日』。
一緒に踊って楽しい反面、
ジーンと来るものがありました。

リレーは、我が子が出ていても出ていなくても
子どもたちの一生懸命さに本当に胸が熱くなる競技です。

嬉しい気持ち、悔しい気持ち
ドキドキ緊張も
成長の糧となる事でしょう。

Img_6059
Img_6058_2
S7

そして
お父さんたちの綱引きは
園庭の地面が削れるほど
とても力強くて迫力がありました。

優勝は
『はと組』
のお父さんたち。

今年は豪華賞品?!を園長先生より頂きました。

それに負けず劣らず
いえいえ、完全に勝ります、
毎年恒例めぐみ運動会名物にもなりつつある、
お母さんたちの棒引き
『竹取物語』。

お母さん3人に園長先生とひろさわ先生が引きずられている
シーンもありました。

今年の決勝戦は
はと対ひばり

優勝は
『ひばり組』のお母さんたちでした!

子どもたちの一生懸命さに感動
成長に感動
そして
元気を見せてもらって
家族の皆さんも元気を沢山もらったと思います。

こどもたち、
ありがとう!!

運動会が終わった後も
『運動会ごっこ』は
しばらく続く事でしょう。

« 2012年9月 | トップページ | 2012年11月 »