« 2013年10月 | トップページ | 2013年12月 »

2013年11月

2013年11月19日 (火)

号外「廣澤先生 長野を走る」


長野県長野市から岡谷市まで

Photo_3

12
区間119㎞(1日目)
を競う県縦断駅伝に
長野市から要請され、
廣澤先生が9区(9.5㎞)を走りました。

 

チーム長野市は総合3位になり、
銅メダルをいただいたそうです。


地元の新聞にその雄姿が載っているので
お知らせします。


Photo
480x640

めぐみでも
“廣澤先生とマラソンしよう”を
企画したいと考えています。

 

乞うご期待


廣澤
「地元長野市に恩返しが出来る走りを
 したかったが、
もう少し頑張りたかった。
 来年リベンジしたい。」

 

2013年11月13日 (水)

Today/今日

園長先生が

 

父親参観日にお父様方のために読んで下さった
「Today」をご紹介します

Imgp4604_370x640

以前、幼稚園の保護者会で園長先生がお母様方に紹介した詩。


「育児は大変だけど素晴らしい」


万国共通、世の中の育児をがんばっている全てのお母さんに贈る詩。

お父さんにも是非読んで頂きたい。

 

園長先生は
「ご自分のお子さんが出生した頃を思い浮かべて聞いてください」
とおっしゃってから読み出しました。

『今日』 (伊藤比呂美 訳)

今日、わたしはお皿を洗わなかった
ベッドはぐちゃぐちゃ
浸けといたおむつは
だんだんくさくなってきた
きのうこぼした食べかすが
床の上からわたしを見ている
窓ガラスはよごれすぎてアートみたい
雨が降るまでこのままだとおもう

人に見られたら
なんていわれるか
ひどいねえとか、だらしないとか
今日一日、何をしてたの? とか

わたしは、この子が眠るまで、おっぱいをやっていた
わたしは、この子が泣きやむまで、ずっとだっこしていた
わたしは、この子とかくれんぼした。
わたしは、この子のためにおもちゃを鳴らした、それはきゅうっと鳴った
わたしは、ぶらんこをゆすり、歌をうたった
わたしは、この子に、していいこととわるいことを、教えた

ほんとにいったい一日何をしていたのかな
たいしたことはしなかったね、たぶん、それはほんと
でもこう考えれば、いいんじゃない?

今日一日、わたしは
澄んだ目をした、髪のふわふわな、この子のために
すごく大切なことをしていたんだって

そしてもし、そっちのほうがほんとなら、
わたしはちゃーんとやったわけだ



(以下原文)

“Today”

Today I left some dishes dirty.
The bed got made about two-thirty.
The nappies soaked a little longer.
The odour got a little stronger.
The crumbs I spilt the day before
Were staring at me from the floor.
The art streaks on those window panes
Will still be there next time it rains.
For shame,oh lazy one you say
And "just what did you do today?".

I nursed a baby while she slept.
I held a toddler while he wept.
I played a game of hide'n'seek.
I squeezed a toy so it would squeak,
I pushed a swing,I sang a song,
I taught a child what's right and wrong.

What did I do this whole day though?
Not much that shows,I guess it's true.
Unless you think that what I've done
Might be important to someone
With bright blue eyes-soft blond hair,
If that is true,I've done my share.

※巻末にはもうひとつの有名な詩がおさめられています。
ペットを亡くした方、特に愛犬を亡くした方への詩「虹の橋」です。


Today

「今日」 
 
訳:伊藤比呂美 画:下田昌克 
出版社:福音館書店

 

この詩は、ニュージーランドの子育て支援施設に伝わる詩-
作者不詳のまま英語圏に伝わった詩を、
詩人の伊藤比呂美さんが日本語訳したものです。

---------------------------------------

父親参観日

2013119()

 

朝早くから、幼稚園の周りには自転車がズラ~リ

Imgp3894_640x428

いつもと変わらぬ朝の園長先生のお出迎え
Imgp3896_640x606


年少組さんは

ピアノの音と共に手遊び、子ども達がお歌を歌いました。
Imgp3905_640x428

Imgp3917_640x428

大きくお口を開けて歌う子どもたちを観て、
お父様方はきっと驚いたことでしょう。


そして、お父さんと一緒に

牛乳パック、折り紙・はさみ・のりやテープを使ってパクパク人形作り
Imgp3924_640x428

動物や怪獣どんな人形を作るか親子で話しながら作ります。
Imgp4006_640x428

Imgp4007_428x640
Imgp4397_640x428

恐竜
Imgp4405_428x640

Imgp4408_640x428

ウサギ、犬、トラ、キリン、

Imgp4403_551x640

これは「チーバくん」

 

お父様方は出来上がった人形を操り
Imgp4532_640x428

「どんぐりころころ」を照れながら歌いました。

 

 

年中組さんは

「まつぼっくりの歌」を歌い、次に『サ』抜き()

最後はお父さんの「手をはさみながら」歌いました。

 

お父さんと一緒に自分の油粘土をぜーんぶ使い、力を入れてこねこね。

それから丸を作ってそこから素敵な宝物入れに変身させます。

 

子どもの力ではなかなかこねられなかった固い粘土
お父さんも腰を入れて力いっぱいこねました。
Imgp3977_640x428

Imgp3987_640x428

Imgp4000_640x428

星、波、丸、ハート型、思い思いの形の宝物入れに大変身です。

Imgp4296_640x428

粘土が終わり、椅子を丸く並べ
ゲーム「フルーツバスケット」のはじまり

お題は
「女の子~」「眼鏡をかけている人~」
「靴下をはいている人~」などなど

そして「フルーツバスケット~」

子どもたち、お父さん、先生も必死で大移動!

Imgp4362_640x428

お父様方も場に馴染んでくると

「おならが臭い人~」(笑)

なぜか大勢動いていました・・・

年長組さんは運動会ごっこ

かっこいい憧れのお父さんと一緒に外で体を動かしました。

先ずは準備体操

Imgp3957_640x428
お父さん、
怪我をしないようにお願いしますよ!

 

運動会ごっこですから・・・

親子ダンスに始り、綱引き、パラバルーン、リレーと続きます。

 

綱引き 女の子チームは、ひばり組の勝ち
Imgp3986_640x377

男の子チームは…両者互いに譲らず引き分け
Imgp3996_640x428

お次はパラバルーン
Imgp4012_640x428

今日は子どもたちがお手本です!
Imgp4026_640x428

Imgp4033_640x428

Imgp4066_640x428

Imgp4100_640x428

次はお父様方。

見よう見真似で演技。

Imgp4162_640x428

Kis-My-Ft2による「Everybody Go」の曲にあわせ

子どもたちは歌を歌いながら自然と体が動き出しました。

先生の笛の音で三つのパラバルーンを動かすのですが、なぜかギコチナイ。
Imgp4173_640x428

それでも真剣なお父さんを見て、笑顔で声援を送りました。

Imgp4215_640x428

Imgp4235_640x428

ポップコーンの技では、弾け過ぎてボールが直ぐになくなりましたが、
Imgp4226_640x577

ボールは幼稚園の園舎よりも高く跳び上がりました。
お父さんは豪快!

Imgp4190_640x457
ウェーブ~

Imgp4266_640x428

最後は童心に戻って満面の笑顔でスキップ♪

最後のリレーでは、
バトンを落としたり転倒するシーンも見られましたが、
親子でバトンをしっかりとアンカーまで繋いでいきました。

Imgp4458_640x428
Imgp4463_640x428

すごい速さで園庭を駆け抜けたお父さん

お父さんはやっぱりカッコいい!と再確認

 

 

そして、

ホールでは

年長の男の子が
「お父さんには椅子をぼくたちが並べてるの秘密だよ」

Imgp4549_640x428
と椅子を綺麗に並べてました。

子どもたちからお父様方への歌のプレゼント

年少
・年中・年長の順に歌いました。

めぐみ幼稚園の園歌を作曲された

千代延 尚 先生が作られた「いちばん だいすき」
を年長さんが歌いました

園長先生は
素直に共感できるからこの曲が大好き!

だそうです。

 

各学年の前説で

園長先生がお父様方へ素晴らしいコメントを下さり

以前お母様方に読んで下さった『Today/今日』を読みました。

 

Imgp4603_640x428

お帰りの時間は

Imgp4624_640x428

Imgp4622_640x428

Imgp4631_640x428

勿論お父さんに見守られ、各学年でサヨナラをしました。

Imgp4020_640x539

お友達や先生との関わり、
お着替えや持ち物等の身の回り品を子どもたちが
幼稚園でどのようにしているかを体感し、
ご覧いただけたことでしょう。

楽しい時間はあっという間ですね

2013年11月12日 (火)

『焼き芋大会』

子どもたちの楽しみにしていた

焼き芋大会がありました。
集めておいた落ち葉を
クラスごとに運びます。

「よいしょ、よいしょ」
すすんでお手伝いします

 

Img_4890_2

 

Img_4892

自分達でぬれた新聞紙でお芋を包み、
更にアルミホイルでまいたお芋を入れていきます。

 

Img_4869_2

 

Img_4905

 

Img_4907

 

そこに先生が
火をつけてくれます。

 

Img_4912

 

Img_4925

 

火が大きくなるように
みんなでうちわで扇ぎます。
「が〜んばれ!が〜んばれ!」

 

Img_4928

 

園庭は
モクモクモク〜

 

Img_4956

 

茶色かった落ち葉も
すっかり黒く。
お芋焼けたかな〜?

 

Photo

 

焼けました焼けました!

 

美味しく焼けたお芋を
みんなでいただきました。

 

2013年11月 5日 (火)

どんぐり団子

秋も深まり、少しずつ葉っぱが色づいてきました

Imgp3714_428x640

111

めぐみ幼稚園恒例のどんぐり団子を食べました。

この日は来年度の願書受付日でもあったので先生は大忙し

★二日前

子どもたちが拾ってきたドングリを

Dsc_4747_360x640
Dsc_4688_640x360


一生懸命割りました。

皮がとても硬いため、子どもたちは積木で割ります。


★一日前

前日に割ったどんぐりがお鍋いっぱいだったので、
この日はどんぐり割りをしませんでした。

そして、皮を取り除いたどんぐりを茹でます。

お昼頃から大きなカレー鍋を使って茹ではじめ、
苦味をとるため重曹を入れて
灰汁を丁寧に取り除きながら
1時間毎に茹でこぼします。

お水が赤茶色い色に変化していく様子を子どもたちも見ました。

これを繰り返し(68時間程茹でる)
茹で上がったどんぐりは、
翌日まで冷蔵庫に入れておきました。




★当日

年長ひばり組から団子作り。

茹で上がったどんぐりの実を
手でギューっと握って水分を絞り出し、
Imgp3722_428x640

すり鉢とすりこぎとスプーンを使って
子どもたちが細かく潰します。

Imgp3727_640x428
Imgp3729_428x640


テーブル毎グループに分かれ、
数を数えながら皮・殻等を取り除き、
ツブが見えなくなり、
なめらかになるまですり潰しました。

Imgp3720_640x428
Imgp3730_428x640
Imgp3721_428x640

これを何度も何度も繰り返し、
最後に先生が更に細かくすり潰し、
大きな鍋に移して、

Imgp3738_640x428

Imgp3745_640x428


どんぐり団子の種生地(全園児、先生方、父兄分)の完成。


種生地を先生に渡した後、
子どもたちが机のゴミを片付け、

Imgp3748_640x428

気がついた子どもたちが布巾で机を拭いていました。

Imgp3759_428x640

使ったすり鉢などの用具も綺麗に洗って自分たちで片付けます

Imgp3756_640x428
Imgp3762_640x428



種生地の中に、
お砂糖と片栗粉を入れ、手で混ぜ合わせます。

Imgp3770_640x428

Imgp3775_428x640

Imgp3783_640x428

お砂糖を入れる時、先生が子どもたちに

「このお砂糖の名前を覚えてるかな?何かを作るときにも使ってたね」

なかなか名前は思い出せなかったけれど、
「梅ジュースで使ったよ」って
梅ジュース作りで使ったことを覚えていました。
(使用したお砂糖は三温糖です)


そして、子どもたちがお得意の団子作り。

Imgp3790_640x428

Imgp3791_640x428

Imgp3800_640x428

砂糖と片栗粉が加わった種を各グループに分かれて
ビー玉程の大きさに丸めていきます。

Imgp3808_640x499

種がポロポロしていてなかなか丸まらないのですが、
流石めぐみっこ!
大きさはまちまちながらも上手に丸めてくれました。


Imgp3818_640x428

蒸してもらう為に年長の子どもたちが職員室へ運びました。

Imgp3836_640x428

蒸気が上がる蒸し器に団子を並べ待つこと15分程。
海野先生が竹串を指して蒸し具合を確認!

蒸していく内に団子の甘~い匂いが職員室に漂います。

お昼ご飯前だったのでお腹が空いてしまいました。

ひばり組に続き、はと組の子どもたちも
どんぐり団子を丸めて職員室に持ってくると

「いいにおいだなぁ」
「早く食べたいなぁ」

と、蒸し器に近づいてきました。

Imgp3843_640x428

Imgp3869_640x428

蒸している間に海野先生が、
きな粉(遺伝子組み換えでない・国産)
お砂糖を混ぜて味付けし、
蒸しあがった団子を入れてコロコロコロコロ。

中は小豆のような赤茶色、ドングリ団子の完成!

 

出来上がったどんぐり団子を
先ず道下先生に味見してもらい
一発OK!
の笑顔を頂きました。

Imgp3846_567x640


道下先生の美味しそうな顔!!!



先ずはお弁当の時間の年少組さんから
順番に配ってアツアツを食べました。

初めて食べる年少さん。
先ず匂いを嗅ぎ、
一呼吸おいてから口に運びます()

Imgp3852_561x640

一口食べて

「おいし~い」
「あま~い」
「どんぐりの味がする」 (ん?どんぐりの味?)



次は年中組さん。

年長さんが作ったどんぐり団子食べよう!
と先生が声を掛けると、

子どもたちは「イェーイ」と飛び上がって喜んでいました。
Imgp3857_640x388
去年食べた団子の味を覚えていたのかな。

先生がみんなに行き渡るように配り、
Imgp3862_640x587

団子を食べた子どもたちは
「おいしすぎ~」
「おかわりあるの?」
ともっと食べたそうにしていました。




最後は、頑張って作ってくれた年長組さん。


「年長さんお待たせしました」と持っていくと、
あっという間にお皿の周りに集まってきてくれました。

Imgp3872_640x466

先生が順番に分けてくれて、

団子を口に入れた時の美味しそうな顔といったら・・
なんて幸せそうなんでしょう。

「おっいし~~い」
「ウマイ」
「もっと食べたいな」
「これ、きっと私が丸めた団子だ」

と子どもたちの満足げな声が聞こえました。

また、園ではアレルギーなどで
食べられない子どもたちの為に
サツマイモを煮て、
Imgp3866_640x584

Imgp3868_573x640
道下先生が可愛く茶巾にして配りました。

先生方もどんぐり団子を食べ
Imgp3865_640x392

お迎え・バス共に父兄の方々にもお裾分けしました。

Dsc_4865_360x640

お母様方からは

「ほんのり甘くて美味しいです」
「手間暇かけて出来上がるんですよね」
「家では真似出来ないわぁ」

と大絶賛。


年長組のお部屋に「どんぐりだんご」の絵本があり
Imgp3749_640x428

頁を捲るごとに
ずっと読み継がれている本だと一目で見てとれ、
詳しく描かれたどんぐり団子の作り方に
ついつい読みいってしまいました。

Dsc_4867_360x640

どんぐり団子の味は、めぐみ幼稚園の味。

大地のめぐみに感謝して、
今年もどんぐり団子を美味しくいただきました。

ごちそうさまでした。

 

« 2013年10月 | トップページ | 2013年12月 »