« 2014年11月 | トップページ | 2015年1月 »

2014年12月

2014年12月19日 (金)

クリスマス会

今日は子どもたちが楽しみにしていた、めぐみ幼稚園のクリスマス会です。

クリスマスツリーの明かりが灯るホールに集まりました。


2

クリスマスは、みんなの幸せを願ったイエス・キリストの生まれた日。

みんなが仲良く幸せであるように願う日です。

園長先生がクリスマスの聖書のお話をしてくれました。

どんな豪華な贈り物よりも、人を思う真心が村の鐘を鳴らしたお話でした。

「そらにひびくかねが」という歌を年長さんが歌いました。

お話の中の鐘の音のように、とてもあたたかくてきれいな歌声でした。


00

「「世界の友と高らかに うたごえあわすクリスマス」

地球の他の国では戦争している国があって辛い思いをしているお友達もいます。

戦争は「自分さえ良ければいい」っていう気持ちがある人がたくさんいると

起こってしまいます。

クリスマスにはみんなの幸せを願う日ということを思い出して

「ありがとう」という気持ちをいつまでも持っていてほしいと思います。」

みんな道下先生の言葉をじっと聞いていました。

19_3


先生たちはみんなの笑顔を見ると幸せになります。

大好きな子どもたちへ、先生たちからたくさんプレゼントをあげたいと思います。

最初のプレゼントは手作りのクリスマスカード。

一つ一つ心をこめて作られたカードは先生たちの愛情がいっぱいつまっています。

お誕生日会やクリスマスなどの先生たちの

手づくりのあたたかさは子どもたちに伝わっていることでしょう。

1



Photo

2つ目のプレゼントは劇です。

「ヘンゼルとグレーテル」

8

9


11

13



18_2




15


16

23_2


3つ目のプレゼントはメグミーズバンドの演奏です。

シンセサイザー、シロフォン、グロッケンなど

先生の演奏する楽器の紹介の後

赤鼻のトナカイ

あわてんぼうのサンタクロースを演奏しました。


25

子どもたちは演奏にあわせて大合唱。

27

28_2

先生たちも歌いながら演奏。

子どもたちと音楽が一つになり、楽しい時間でした。

32_2

準備オッケー!演奏の合間にみんなとオッケーマークを出して遊びました


30

4つ目の先生からのプレゼント、ハンドベル。

「きよしこの夜」

静かなホールに澄んだベルの音が響き、

厳かなクリスマスの雰囲気に包まれました。

33

00000000

いろいろな音が重なり合ってきれいな音色を奏でます。

クリスマスの鐘が鳴っているような音でした。
0000000000

34

 

そして照明が落とされ、先生方がキャンドルを持って入場してきました。

000_2

先生のキャンドルに火がわたります

36

37

そして足もとに火が灯りました

38

42_2

すると・・

どこからかかすかに鈴の音がしました。

「鈴の音する!」子どもたちが気づきました。

その鈴の音がどんどん大きくなって近づいてくるようです。

子どもたちは興奮して立ち上がります。

鈴の音がすぐそこに来た時

大きな袋を持ったサンタクロースがホールに入ってきました。

子どもたちが大きな歓声をあげました!

39

00000_3

サンタさんはフィンランドから来たそうです。

日本語を話せないので道下先生が代わりにサンタさんの言葉を

話してくれました。

サンタさん、今年もめぐみ幼稚園のクリスマス会に来てくれました!

子どもたち一人一人に握手をしてプレゼントをくれました。


2_3

サンタさんの手はどんな感触だったのかな。

あたたかかったかな。



最後に全員で「ありがとうございました!」とお礼を言って

「おめでとうクリスマス」の歌をプレゼントしました。

これからサンタさんは他の幼稚園や病院に入院している子どもたちのところへ

プレゼントを渡しに行くそうです。

サンタさん、またおうちにも来てね!バイバイ、メリークリスマス!


5_2

*

みんなで歌って笑いあえる幸せをかみしまめした。

これからも子どもたちにたくさんの笑顔があふれますように。

ずっとずっと願っていきたいと思います。


45


お部屋に帰るとサンタさんからのケーキがおいてありました。

ひとりひとりの名前が書いてあります。

「なんで名前わかったんだろう!」子どもたちは驚いていました。

サンタさんから家族みんなで分け合って食べてください。とメッセージがありました。

49


50

今日のクリスマス会どうだった?

サンタさん来てくれたね。

風が強いのでトナカイさん大丈夫かな。

今日のクリスマス会のこと、お家に帰ったらおうちの人に話してあげてね。

最後に先生がクリスマスの本を読んでくれました。

51

ケーキをしっかりと手で持って帰りました。

53


2014年12月17日 (水)

絵本の読み聞かせ

毎週1回、めぐみ幼稚園のお部屋にお母さんやお父さんが来てくれて

 

絵本を読んでくれる日があります。

 

子どもたちはお母さんたちが来てくれるのを楽しみにしています。

 

「お母さんはいつ来るの?」と聞かれたお母さんも多いのではないでしょうか。

 

1_2


子どもたちは絵を見て、言葉で読んでもらうことで想像の世界を創り出します。

 

大事なのは上手に読むことではなく、生の言葉で語りかけること。

 

余計なものを伝えることなく、本の言葉そのままを伝えることで

 

子どもたちの受け止め方を大事にしたいと考えます。

3

お母さん・お父さんによる読み聞かせは

 

どの学年の子どもたちも一言も発せず、集中して聞いています。
4

7

 

子どもたちへの読み聞かせが終わった後は

 

図書室に集まって園長先生とお話をします。

 

お母さんたちの感想を聞くと「緊張した」という感想が共通の感想でした。

 

「何回も読み聞かせに来ているけれど、やはり緊張しました」

 

他にも

 

「子どもたちが真剣に聞いてくれていたのでうれしかった」

 

「長いお話だったので飽きるかなと思ったけれど最後まで飽きずに聞いてくれた」

 

という感想がありました。

 

 

 

静かに集中して聞いてくれる子どもたちを前に、どうしても緊張してしまいます。

 

そんな緊張の中でも「子どもたちの顔を見れたら見てみて」と園長先生は言います。

 

聞いている子どもたちの気持ちが顔にあらわれていて、その顔を見るのが園長先生は好きなのだそうです。

 

そして大人が考えるいい絵本と子どもたちが好む本が違うことがよくあって

 

何が子どもにいい本か決めつけないようにしているというお話でした。

8_2


最後は園長先生が絵本を読んでくれます。

 

大人が絵本を読んでもらう機会はなかなかないものです。

 

今日の絵本は「わたし おしゃれを するの」

 

「わたしのワンピース」の2冊です。

13

 

2冊とも3歳向けの絵本で字が少ない本です。

 

言葉が少ないのは絵を見てほしいという作者の気持ちがあるからです。

 

子どもたちがじっくり絵を味わえるよう、ゆっくり読んであげてください。

 

9_2


4・5歳は言葉で情景と感情を読むようになります。

 

子どもの成長とともに絵本の読み方も変わるのです。


15


2冊とも、等身大の女の子の気持ちが表現されている絵本でした。

子どもたちと、これからもたくさんの絵本を読んでいきたいと思います。

ぜひお父さんお母さんも図書室をのぞいてみてください。
10

2014年12月12日 (金)

お店やさんごっこ

作品展が終わり、いよいよお店やさんごっこの日。

お店やさんごっこでは年長さんがお店やさんになって、

年少・年中さんのお客さんに品物を販売します。

年長さんはそれぞれ選んだ衣装を着てお店やさんに変身。

お客さんが来る前に、みんなの前でお客さんにする品物の説明を

してみました。

4
5

1階はゲームセンターです。準備は万端のようです。

6

子どもたちには紙のお金、10円が10枚配られます。

しっかり数えてポシェットに入れてお店へ出発です。
2_2

まずは年少さんも年中さんも、ゲームや商品の説明を聞きます。

ホールに年少さんがやってきました。
7

年長さんがゲームのやり方を教えてくれます。
8_2

それぞれ言葉を考えて、一人ひとりホールの後ろの方にも聞こえるように

はっきりと大きな声で言えていました。

年中・少さんは静かに聞いていました。
00_2

2階のお店やさんへ
10

2階、ざっかやさんです。
11

年長さんが自分の名前を大きな声で言ってから、品物の使い方や

説明をしました。
0_2

マフラーやさんは「数が少ないので早めに来てください」

人気の品物なので早いもの勝ちです。

12

「こうやって使います」実際に年中・少さんにわかりやすくやってみせます。

どうやったら伝わるかな?自分たちで言葉もやり方も考えました。
14

『これからお店やさんごっこをはじめます』

という年長さんの放送で、お店やさんごっこがはじまりました。

みんなバッグとお金を持って好きなところへ行きます。


16
17

しゅりけんやさん
18

さかなつりゲーム 色とりどりの魚が泳いでいます。
22

剣は男の子に大人気でした。
23
けんだまやさん

24_2

もぐらたたきゲーム 

本物みたいに、土と草の中からもぐらが出てきます。

台の高さは小さい子でも叩けるように考えました。

27

もぐらはきまぐれです。
28

射的

トイレットぺーパーの芯を飛ばして的を狙います。
51

モンスターの的を撃てたら景品がもらえます。
00000

「景品はなにがもらえるかはお楽しみ」
53

折り紙で作った景品です。
25

シューティングゲーム 

サッカーボールを蹴って数字のところに入ったらあたりです。

今年はワールドカップで盛り上がりました。
54

がんばれ!
55

あめの自動販売機

1人1回、作品展の時にもらったコインを入れると

本物のあめが出てきます。
29


19

ねこの口にコインを入れて、

69

口を閉じると
20
あめが出てきました!

64_2

子どもたちは大喜び。

「私はメロン味!」「私はイチゴだった!」とうれしそうに見せてくれました。

31

70_2

あめはいろいろな味があったようです。

メロン、イチゴ、レモン、ぶどうなど・・・何がでてくるのかはわかりませんが、

なぜか途中から子どもたちがねこの口に向かって

「メロン!メロン!メロン!メロン!」と唱え続けると

しばらくしてメロン味のあめが出てくるという現象がおきていました。

56

次はどこへ行こうかな!

買い物を楽しむウキウキした後ろ姿があちこちで見られました。
30

2階・ざっかやさんも大盛況。
32_2

ぬりえやさん

細かい絵だと色がぬりにくいかな?とかどんな絵がみんな好きかな?

と考えて描きました。

34

スリッパやさん

どれも工夫した魅力的な柄で、迷ってしまいます。 
35

コースターやさん

切り紙を貼った模様がきれいなコースターです。

水に濡れても大丈夫なようにボンのりでコーティングしてあります。
37

カラフルなペンダント。いろいろな形や色があります。

ひもの長さや結び方も子どもたちが考えました。

39

ディスプレイにもあちこち手作りの工夫がされていました。
65_2

こんなにたくさんの品物やゲームの装置を作ったり、飾りつけをしたり、

準備をしたり、年長さんのがんばりが見えました。

お店やさんごっこを通して、難しいことに挑戦したり理解力・集中力もついてきました。
38


2階 おもちゃやさん

くねくねへびや双眼鏡、びゅんびゅんでっぽう

40

紙でっぽう チラシでたくさん折りました。
41

ブーメラン

年中少さんが描けないような模様を描こうと工夫しました。
42

こま

こちらもマジックで、こまを回した時にきれいな模様にしようと工夫しました。
44

ストロー紙とんぼ

くるくる回すときれいな模様が浮かび上がって飛んでいきます。
45
47

さっそく買った双眼鏡で何が見えるかな?
48

49

年中少さんは夢中になって買い物やゲームをしていました。

残ったお金で何が買えるかな?あと何を買おうかな?

子どもたちなりに考えてめいっぱい楽しんでいました。
50


マフラーは限定5本。

編んでいる途中の物は「マフラー引換券」を渡しました。

マフラーを買えた女の子は、

「数が少ないから早めにきてくださいって言ってたから、すぐに行ったら

買えたの!今編んでもらってるの!ほしかったからうれしい!」

と興奮して話してくれました。

マフラーをしたり編んだりしている年長さんを見て憧れていたのかな。

67

マフラーやさん、今がんばって編んでいます。
68

「何買った?」女の子の買い物トーク。
63

ひよこ組ではさっそく買ったものを見せあいっこ。

57

ストロー紙トンボを飛ばしてみたり
58

買った車で遊んだりしていました。
60


59

お店で買った変身ベルトを装着!
61

買ったものを持って外に遊びに行ってきま~す!
62

72

剣をさしてかっこいい!
75

外でもたくさん遊びました。
76

年中さんが年少さんのカラー帽子をかぶせてあげていました。
77

『これで お店やさんごっこを終わります』

最後も年長さんの放送で、お店やさんごっこは終了しました。

明日はめぐみサークルのお友達とお店やさんごっこが楽しみです。

2014年12月10日 (水)

第34回園児作品展覧会

12月6日(土)

晴天に恵まれた平成26年度 第34回作品展覧会

たくさんの方にご来園いただきました。

0

作品展にはバザー・模擬店も開催されます。

園門をくぐるとバザー会場への長い列ができていました。

18

図書室や園庭には在園・卒園の父兄による手作り商品や手作りお菓子・パンなどが

並び大盛況。

今年もたくさんの品物が集まりました。

ご協力ありがとうございました。

★バザー係のお母さま手作りの店内用お買い物バッグ★

11

「子どもたちのため、大好きな幼稚園のため少しでも力になりたくて」と

お母さん方はバザーや模擬店に協力してくださいます。

作品展には卒園生や父兄の方々もたくさん来てくれていました。

19

子どもたちに大人気のキャンデイリース。

毎年、在園・卒園のお母さんたちで作っています。

89

模擬店は作品展に来ていただいた方におもてなしをしたいという気持ちから、

第1回作品展から34年間続いています。

母の会の役員さんが中心となって、お母さん方がお食事を提供しています。

80


13

メニューは焼きそば、カレーライスなど

ぜひ一度味わっていただきたいのが、めぐみ幼稚園伝統のレシピで

作られたおしるこです。

34年間変わらない味。寒い日にはぴったりのあたたかくて甘い、癒される味です。

12

園舎内のお食事処
27


28

1



2



3





食券も母の会の手作りです。
20

園庭ではテーブルが並べられ、お食事をしたり

子どもたちが遊んだり
78

お食事用のテーブルには折り紙で作られた花が飾られていました。

これもお母さん方からのおもてなしの心です。
22

作品展「めぐみランドへようこそ」

5


6
7

1階ホールには年長・年中・年少さんの作品が展示されています。

25

32


<年少さんの長ぐつ>

片面には折り紙で作ったサンタクロースが、

もう片面にはいろいろな飾りのついたクリスマスツリーがついています。
74

長ぐつの形や飾りをはさみで切ったり、のりを伸ばしたり

生き生きとしたサンタクロースの表情を描くことができるようになりました。

年少さんの成長がいっぱいつまった長ぐつです。
75

<年少さんポシェット>

ティッシュの箱で作ったポシェットです。

色とりどりのフエルトで飾られています。
86

年少さんはこのポシェットを持って

園庭でどんぐりや落ち葉や石などを拾って入れたり

ごっこ遊びに使ったりしています。

87

<デカルコマニー>

こちらも年少さんの作品

半分に折った画用紙を開いて好きな色の絵の具をポタポタと垂らします。

また半分に折ってこすってから開くと色が混ざり合い、

不思議な絵が浮かび上がりました。

76

その絵が何に見えるか、年少さんの豊かな想像力で語られた

一人ひとりの言葉を先生が書き留めてくれました。
77

子どもたちの想像の世界はどんどん広がって、たくさんお話してくれました。

子どもたちの想像力は無限大ですね。
8182_3


<年中さん長ぐつ>

牛乳パックに好きな色の画用紙を貼り、立体的な長ぐつができました。

雪のような綿もつけてクリスマス気分がいっぱいの

長ぐつができました。

子どもたちのクリスマスが待ち遠しい気持ちがあふれています。
54_2


55_2

<年中さん宝物入れ>

紙粘土をこねて、稲毛の浜で拾った貝殻を埋め込んで

絵の具で色を塗りました。

先生がニスをぬり、オパックカラーで模様を描きました。

個性あふれる世界で一つの、自分だけの宝物入れです。
73

1_22_2


<自動販売機>

年長さん制作の、あめが出てくる自動販売機です。

牛乳パックをつなげて作りました。

今年は子どもたちが、横になっているねこの形の自動販売機に決めました。

83

みんなで話し合って形を決めたり色をぬったり、

役割分担をして協力しながら楽しんで作りました。

84

「お店やさんごっこ」の時にあめが出てきます。お楽しみに!
85

<年長さん指人形>

クラスごとに話し合って、3冊の本から指人形を作ることになりました。

紙粘土で顔と手を作り、絵の具で色を塗りオパックカラーで目などを描きました。

「3匹のやぎのがらがらどん」
56

「おともだちになってね」
57
「11匹のねこ ふくろのなか」

60


61


62

役に合った洋服を自分で選び、縫い物にも挑戦しました。

「おおきなかぶ」
64

「3びきのねこさんのそりあそび」

66_2
「くろくんとふしぎなともだち」

69

それぞれの本の世界が豊かに表現されて、

本から飛び出してきたような世界が広がっていました。

指人形で劇をするのが楽しみです。
70

59

65_2

68_2


<ゲームセンター>

お店やさんごっこの時に遊べるゲームセンターも年長さんが作りました。

もぐらたたき

72

さかなつり
1

射的


4

<2階 年中さん空き箱工作>
33

空き箱を使って年中さんが思い思いのものを作り出しました。

楽しい子どもたちの創造の世界が広がっています。

「ゆうえんち」
46

47

48


49_2

パフェやスイーツ、マイク
50

ヘリコプターが飛んでいました。

52

<お店やさんごっこ>

年長さんが作った品物の数々が飾られています。
10

15

17


21


35

37


38


40_2

44


41

お店やさんごっこが楽しみです。

たくさん売れるといいね!
45

作品展には大勢の方々にご来園いただきましてありがとうございました。

模擬店やバザーには母の会役員さんはじめバザー委員の方々、

そして保護者の皆様方からの多大なご協力をいただき感謝いたします。

ありがとうございました。

2014年12月 4日 (木)

園児作品展覧会のご案内




第34回園児作品展覧会のご案内

「第34回園児作品展覧会」のご案内です

000000000

☆めぐみランドへようこそ☆

場所: めぐみ幼稚園

日時: 2014年12月6日(土)  午前10時~午後2時

<駐車場> 
千葉市教育会館(全面駐車可能です)
時間 午前7時30分~午後5時

幼稚園周辺の道路には駐車しないようにしてください。
駐車場では出入りの車にご注意ください。お子様から目と手を離さないようにしてください。

作品展示

★ホール(1階):年長組・年中組・年少組の作品展示

★さくら・はと・ひばり組のお部屋(2階):全園児絵画・年長・年中組の作品展示

79_2

3_2


35_2

バザー品販売

図書室(1階)
(手芸品・髪飾り・手作りのお菓子やパンも販売します!)


模擬店

販売会場(1階)
ひよこ1組 おしるこ・ドリンク類・お食事処
ひよこ2組 カレーライス(甘口・辛口)・フランクフルト・お食事処
ばら組   焼きそば・ポップコーン・お食事処

<食券当日券売り場 >
  ひよこ1組(1階)

●模擬店の注文をお受けする時間帯は
  午前10時~午後1時30分迄とさせていただきます。

33_3

子どもたちの創造するよろこびがつまった作品展です。

子どもたちの感性と創造力をぜひご覧ください。

46_2

焼いも大会




11月13日(木曜日)

雲一つない晴天の中、子どもたちが楽しみにしていた焼いも大会が行われました!

1

落ち葉は子どもたちと幼稚園で集めたものや、

お家の方と子どもたちで集めてくれたものをたくさん持ってきてもらいました。

今年もご協力ありがとうございました!

56

火を点ける前に、年少のひよこ組さんが落ち葉のシャワーで遊んでいました。

5_2


7

あれ?落ち葉の下に何かが!
8

前野先生でした!

11


みんなに葉っぱをかけてもらって「あったか~い」

12

14

ばあっ!!
15


16

太陽の光を浴びて落ち葉のシャワーはとてもきれいでした。

18


19

子どもたちも落ち葉のふとんに埋まりました。

23


子どもたちが自分で新聞紙とアルミにくるんだお芋たちです。

24

いよいよ火を点けます。
25


26

29

30

煙が上がってきました。
31


28


うちわで火をあおぎます。煙たいけどがんばる!
33

36

煙で向こうが見えません。

34

園庭のあちこちで煙が上がっています。

(消防署に届けを出してあります)
35


落ち葉を入れてどんどん燃やします。

37

38

39

84

「煙たいけど後ろ向きにあおげば大丈夫だよ!」
40
41

ひよこさん、煙からみんなで避難!風向きが変わる度にあちこちへ走っていました。
46←煙の向こうに先生がいます

「先生がんばれ~!」

47 ←一身に煙をあびる先生です

火の近くでがんばる先生が暑そうなので、

先生をあおいでくれているひよこさんたち。

68

82



50

火が順調にまわってきたので、お芋を入れます。
43

どんどん落ち葉を燃やそう。

54

火はこわいけど勇気を出して

落ち葉をたき火に入れて燃やしました。

52

年中のばら組さんは、お手拭きタオルを帽子にはさんで、

顔を守るアイデアを生み出しました。

61

「こうすればけむたくないよ!」「ほんとだ!」

「やってあげるね!」

60_2

煙が来ない時はタオルを上げておけばいいんだ!

ナイスアイデアです!
59

年長のはと組さんは帽子で煙をガード。

72


園長先生が各組を回ります。

65

69

70

焼いもはじっくり焼けるので時間がかかりました。
62


63

子どもたちも先生も、すっかり燻されています。

71

もうそろそろお昼・・・出来たかな?

66

85

77

先生が竹串で焼け具合をチェック。

78

80

79


86

おいしそうに焼けました!

89

81

落ち葉を集めたり落ち葉を燃やしたり

火をあおいだり頑張りました。

おなかをすかせた子どもたち、待ってましたといただきます!


96

90

91 

100

93 

101

106


97

98


102

105

アツアツホクホク、甘くて香ばしい

おいしい焼いもでした!

今年も秋の大地のめぐみをごちそうさまでした。

107

3


110

【おまけ】

誰かが集めてくれた落ち葉の袋の中に

柿が入っていました。

48

2014年12月 1日 (月)

父親参観

11月8日(土曜日)父親参観

今日は1年に1回のお父さんの参観日です。

子どもの幼稚園での生活を知る機会の少ないお父さんたちに、

お友達とふれあう姿、先生との交流、朝や帰りの支度のようす、

自分の身の周りのことをどのようにやっているのか、など

お家では見せない幼稚園だけで見せる子どもたちの姿・表情を見ていただこうと思います。

毎朝の園長先生のお出迎えの登園風景。今日はお父さんと一緒の登園です。

お仕事などで来られないお父さんには、代わりにお母さんが来てくれました。

1

2

まずはお部屋で体操服に着替え、先生のお話を聞きました。

年長さん。姿勢を伸ばして先生のお話を聞く姿をしっかり見てもらいました。

4

最初はお部屋と外で自由遊び。
5


6

子どもたちはお父さんが幼稚園に来てくれて、とても嬉しそうです。

表情がいつも以上に生き生き輝いています。

9

10

サッカー、砂場遊び、鉄棒、ブランコ、滑り台・・・

ブランコを押してもらったり、鉄棒を見てもらったり、かけっこしたり、

いつもと違う、お父さんと園庭で過ごす楽しいひとときです。

11

年長さんは園庭で運動会ごっこをします。

最初に、運動会でお母さんと踊った「おどるポンポコリン」を踊りました。

1415

次はパラバルーン。

まずは子どもたちの演技を見てもらいます。

16

間近で子どもたちの表情を見たお父さん方はどう感じたでしょうか。

17
18

次はお父さんたちの番です。子どもたちが応援しています!

19

曲に合わせ、子どもたちと同じようにやってみます。

お父さんたち、真剣に取り組んでくれました。

指先もピンと伸びていて、かっこいいです。
20


22

黄色のバルーンが赤のバルーンの中へ入る「移動」の技に挑戦です。

25

26

お父さんたちが隠れてしまいました!子どもたちから歓声が湧きあがりました。

27


28

赤のバルーンと黄色のバルーンが入れ替わって、移動の技大成功です。
29

「ポップコーン」では、お父さんたちの強い力でバルーンが大きくはためき、

ボールが園舎の上まで高く上がり迫力満点!

思った以上にボールが高く上がって、お父さんたちからも「おお~!」と声が出ていました。

32

最後のスキップも全力でスキップしてくれました。

お父さんたちは最後まで真剣に取り組んでくれて、

力強い演技を子どもたちに見せてくれました!

34

年中さんは、粘土で宝物入れを作っています。

どんな形にしようか、

何を入れようか、お父さんと相談しながら粘土をこねます。

23

粘土遊びが大好きな年中さん。

器用にいろいろな形を作り上げていました。

どんな宝物入れができるかな?

24

35



年少さんは「くるくるロケット」を作っています。

扇型の紙に思い思いの模様を描き、底の部分に切り込みを入れて

円すい型にしてロケットを作ります。

38

はさみも上手に使えるようになったよ!

お父さんに手伝ってもらいながら楽しく作りました。

37

39

40

ロケットが出来たら糸を付けて完成です。

糸を持って走ると、ロケットがくるくる回って素敵な模様が浮かび上がります。

ホールでロケットを回して遊びました。

43

こちら園庭では年長さんの親子混合リレーがはじまろうとしています。

けがのないように、入念にウォーミングアップするお父さん方。

子どもたちのために気合が入っています。
44



子どもたちの間にお父さんが入って、

子どもからお父さんへバトンをリレーします。

45

00000

さすが、お父さんたちの走りは速い!

速すぎて狭いコーナーに曲がり切れず飛び出してしまったり、

勢いがとまらないお父さん、

思わず転んでしまうお父さんもいましたが

速くてかっこいいお父さんの走りを

子どもたちに見せてくれました!
0000



00000お父さん頼んだよ!

子どもからバトンをしっかり受け取って颯爽と走り出すお父さんたち。

50

廣澤先生も参戦。
4647

大人も童心に返って、子どもたちと一体となって盛り上がりました!

51

女の子も男の子も、ひばり組が1位でした!

女の子は運動会ごっこで初めて、はと組に勝って本当に嬉しそうでした。

先生方も感激でした。

48

52

あっという間にお帰りの時間になりました。

お父さんたちに見てもらいながら帰りの支度をします。
5357

お持ち帰りの日なので、このカードを見ながら年少さんも自分で用意します。

73

「自分で出来るよ!」

6月の「お父さんと遊ぼう」の時よりも成長した姿を感じてもらえたと思います。

54

ホールでは年長さんがお父さんのための椅子を並べていました。

ホールの外でその様子を年長さんのお父さん方が見ていました。

先生から、いつも年長さんが椅子を並べたり片付けたりしていると説明がありました。
55

こんなにたくさんの椅子を並べてくれました。

66

年少さんのお部屋です。お父さんが本を読んでくれました。

読んでくれたのは「おとうさんのえほん」

56

58



最後に、ホールで子どもたちからお父さんへ歌のプレゼントをします。

最初は年少さんの歌「さんぽ」

お父さんに向かって大きな声で元気いっぱい歌いました。

60

61

歌い終わって幕が閉まる前、子どもたちは「パパ、バイバイ~!」と無邪気に手を振っていました。

「一緒に帰ろうね!」という可愛い声も聞こえ、ホールは笑顔に包まれました。
62

次は年中さんの歌です。

園長先生から

「年少、年中、年長、それぞれ1年しか違わないけれどその違いを見てほしい、

違いを見逃さないで今の子どもたちを見て受け止めてほしい」といお話がありました。

年中さんは恥ずかしさ、照れが入ってきています。

そんな気持ちを持ちながらもお父さんが見てくれることが嬉しくて、

気持ちを込めて歌いました。

76

年中さんの歌は「すてきなパパ」

『パパ、パパ、強い強いパパ、世界の誰より強いんだ

おこった顔はこわいけどほんとはとてもやさしくて

すてきなすてきなパパなんだ』
78

年中さんは周りが見えてきている時期なので、

幕が閉まる時戸惑いながらも静かに手を振っていました。

1

次は年長さんの番です。静かに年長さんがホールに入ってきました。

63

年長さんの歌はめぐみ幼稚園の園歌を作曲された

千代延 尚先生作曲の「いちばんだいすき」を歌いました。

子どもたちの気持ちを素直に表した、胸に響く曲です。

79

『お父さん早く起きてよ さっきから待ってるの 明日は遊ぶと言ったでしょう

お父さんお帰りまだなの 眠いのがまんして待ってるの

お父さんぼく わたし 大好き

お父さんお父さんいちばん だいすき』
5

まっすぐ前を向いて直立して歌う年長さん。

自我が出来てきて意思が顔に出ていました。

お父さんお母さんの前では見せない、集団での顔を見せてくれました。

年長さんの立派な姿にホールが感動の涙で包まれました。

3

幕が閉まる時は誰も声を出しませんでした。
4


園長先生が詩を読んでくれました。

Today/今日』

すべての育児をしている方へ贈る詩です。

お母さんだけでなくお父さんにもぜひ読んでいただきたい。

ぜひ昨年の記事をご覧ください。

http://megumiyouchien.cocolog-nifty.com/blog/2013/11/post-7f31.html

64

お帰りのご挨拶もお父さんと一緒にしました。

68
67




69

年中さんがお父さんと一緒に作った宝物入れです。

仕切りを付けたり模様をつけたり、

さまざまな形のオリジナル作品が出来ました!

何を入れるのかな。
71

72_2

ひよこ組でお父さんが読んでくれた本です。

いろいろな動物のお父さんと子どものふれ合うようすが

かわいい絵で描かれています。

74

今日のお父さんは、こんな力強くてかっこいいお父さんでした。

75お父さん方には幼稚園でしか見せない子どもたちの表情、成長をたくさん見ていただきました。

子どもたちにもいい思い出となりました。

« 2014年11月 | トップページ | 2015年1月 »